ED治療薬レビトラの使用方法・副作用について

レビトラと併用禁忌になっている薬は、ほかのED治療薬に比べて多めです。

まずED治療薬全般で併用禁忌になっているのが、狭心症や心筋梗塞の治療に用いられるニトログリセリン系の薬です。この薬は血管拡張作用があり、血圧を下げる働きがあります。

レビトラもPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを壊すことで、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という血管拡張物質が減らないようにさせて血管拡張を維持させる効果があります。

同じような作用を持つ薬なので、両方一緒に飲んでしまうと血圧が下がりすぎて、ショック状態に陥って心肺停止を起こしてしまう恐れがあります。

実際、ED治療薬とニトログリセリン系の薬の併用で命を落としたケースもあるので、十分注意が必要です。

そのほかにも、レビトラはHIV治療薬、水虫の内服薬、不整脈の薬とも併用してはいけないことになっています。

レビトラは単独でもほかのED治療薬に比べて強い効き目がある薬なので、気をつけましょう。

効果が強いということは重症の症状にも対応してくれるということではありますが、同時に副作用が強く出てしまう可能性が高いということでもあります。

特に空腹時に飲むと作用が強くなるので、様子を見ながら使うようにしましょう。