即効性があり食事の影響を受けにくいレビトラ

レビトラは、日本でバイアグラに次いで承認を受けたED治療薬です。

2003年にヨーロッパやアメリカで販売が開始されて、日本では2004年より承認されています。

レビトラは大手製薬メーカーのバイエル社が開発した医薬品で、高い信頼性を確保されていると言えます。

ED治療薬として有名な存在はバイアグラとなりますが、レビトラはバイアグラなどと比較して体内への吸収力が高いために、即効性がある点が特徴です。

効果が現れるまでには、服用してから10~30分ほどしかかからないために、性行為をする直前に服用することが理想です。

性的刺激がなくなることで、勃起を促進させる作用が収まります。

主成分は塩酸バルデナフィル水和物で、勃起を妨げる原因となっている酵素の働きを阻害できます。

主に取り扱われているレビトラの種類には、10mg錠と20mg錠があり、10mg錠を服用したときの作用時間は5~6時間、20mg錠の作用時間は8~10時間ほどとなります。

薬の作用としてはバイアグラと同様の効果を得ることができますが、レビトラはバイアグラと比較して食事の影響を受けにくいと言えます。

食事の影響を受けにくいと言えますが、空腹時と満腹時とでは効果が現れるまでの時間や、作用の持続性が異なってきますので注意が必要です。